2008年07月02日

ポルトガルレポート33(リスボン)

ビカのケーブルカーに向かうと、丁度止まっていた。
ポルトガルレポート33(リスボン)
下りは乗客が少ないし、数人いる先客は高齢者。
近所のじいちゃん・ばあちゃんと、観光客しか乗らない感じがする。
特に下りは・・・ゆっくりだし・・・

ポルトガルレポート33(リスボン)
上りでさえ歩いている人がいるのに、なんだかオノボリサンっぽくて恥ずかしい。

テージョ川を遠目にゆったりと進むケーブルカーは、洗濯物の壁に挟まれ下って行く。
窓下に張られた紐に洗濯物が干されている。リスボンではどこに行っても目にする光景。

絵葉書の中にいるような感覚と、洗濯という超日常感の狭間でどっちに浸るべきか?
ごくわずか奥の方に仕舞ってある、自分の理性のようなものが見え隠れし、
それを壊してショートさせないと、目に入るものが消化して行かないって事がわかる。

ポルトガルレポート33(リスボン)
ポルトガルレポート33(リスボン)

すると、洗濯物の方がアート感があって、その家の家族構成や干し方の違いなど、
いろんなことが解ってくる。

リスボン洗濯物評論家ってのも悪くない。

下りきって改札っぽい所を通り、外に出て振り返ると上階は住居だった。
(向かって右がビッカの乗降所。左は何かの店)
ポルトガルレポート33(リスボン)


同じカテゴリー(ポルトガルレポート)の記事画像
ポルトガルレポート34(リスボン)
ポルトガルレポート32(リスボン)
ポルトガルレポート31(リスボン)
ポルトガルレポート30(リスボン)
ポルトガルレポート29(リスボン)
ポルトガルレポート28(リスボン)
同じカテゴリー(ポルトガルレポート)の記事
 ポルトガルレポート34(リスボン) (2008-07-14 11:32)
 ポルトガルレポート32(リスボン) (2008-06-16 11:55)
 ポルトガルレポート31(リスボン) (2008-06-12 11:28)
 ポルトガルレポート30(リスボン) (2008-06-07 11:48)
 ポルトガルレポート29(リスボン) (2008-06-03 10:54)
 ポルトガルレポート28(リスボン) (2008-05-30 21:24)

この記事へのコメント
 あぁ~~行ってみたい行ってみたい行ってみたい・・・
 
 ケーブルカーとかで町を走るとどんな気持ちになるのでしょうね。。。

 確かに、 『アート』 ですよね~♪
Posted by ももちん at 2008年07月02日 19:24
ももちんさんへ

リスボンの市街地そのほとんどのビューポイントなどに、路面電車で行くことができますよ。
チケットも一日券があって、何回でも乗り降り自由です。
レトロでいいよ〜
Posted by たまらん at 2008年07月02日 19:59
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ポルトガルレポート33(リスボン)