グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年07月14日

ポルトガルレポート34(リスボン)

ビカのケーブルカーを降り、
そのまま坂道をテージョ川に向って下ってゆく

途中、真ん中に大きなソテツのある公園を突き抜けて、

その先の大きな通りに出ると、そこは7月24日大通り。

映画のそれとは違い、殺伐とした交通量の多い道。

公園の脇(カイス・ド・ソロレ駅の向かい)にあるのが、

リベイラ市場(別名7月24日市場)

内部は2階建てで、野菜果物・花などそれぞれが別のスペースに分かれている。

朝早く~10時頃がピークと聞いていたので、

閉まっているかなぁと思いながら、とにかく入ってみた。

さすがに、もう閉店間際のような感じで、人は疎ら。

野菜とフルーツの店の親父も、暇そうにリンゴを剥いて喰っていた。



カメラを向けると、どうも「このリンゴ食べるか?」

と言っているよう見える。
さすがに食いかけのリンゴは遠慮したが、
声かけてくれた御礼に3個買ったら、1ユーロでいいという。
まずいんじゃないかと半分疑いの目をしながら、
すこし小さいリンゴを受け取る。

生花・日用品の市場を通り、外に出ようとすると、
そこが、メインの入口だということに、いまさら気づく。

エントランスにあったシンプルなクリスマスツリー


自分達が入った所は、通用口だったようだ。

入った瞬間、肉のニオイが漂い、やたらと床が粘っていたので
おかしいとは思ったが、市場だからこんなもんだろう 
とスルーして1周してしまったが、
一般人は、普通そこからは入れないそうだ。


ドーム型の屋根のところがメイン入口


なにか、得したような、損したようなビミョウな気分で、
3人、リンゴをかじりながら、コメルシオ広場へ向う。

                                         
  


Posted by たまらん at 11:32Comments(4)ポルトガルレポート

2008年07月11日

外まわりびとの昼飯

レストラン アリエスカ  菅平高原

合挽きハンバーグセット 1350円
サラダ・ライスつき
一緒にコーヒー追加で200円UP



和牛100%ハンバーグは、

確か1600円だったと思うが、

70%入りの、この合挽きしか食ったことがない。

長野で、うまくAM中に仕事が終わった時にだけ、

年に2~3回(オフシーズン中)立寄ることができる。

少し大きめのハンバーグは、口の中で程よくトロけ、

見た目ほどソースの味が強くなく、肉の旨さを引立てている。


最初にメニューを見たときは、観光地価格なんかな、
と思ったが、一口頬張った瞬間、旨さと違う納得感も味わった。

この日は、天気がよくて、爽やかな微風がそよいでいたので、

店のオヤジさんに、
外のソフトクリーム客用のガーデンテーブルのところはだめか聞くと、

面倒だからダメッ と、人の顔も見ずに冷たくあしらわれてしまった。

じいさんとばぁさんの、二人で切り盛りしてる店だからしょうがないかと、

あきらめ、ログハウス風の店内でランチタイムを過ごした。



国道406号沿い
菅平ダボススキー場の下を
峰の原高原方面に向った左側。  


Posted by たまらん at 11:49Comments(6)おすすめ

2008年07月10日

出てこいデニーロ

アパラパア〜



夕闇迫るこの雰囲気、すきなんだなぁ。

潮の香りのする浜風を受けながら、

ただそこにいてウダウダできる場所って貴重だと思う。

ゴッドファーザーに出てくるような、
場末のキャバレーを思い起こすネオンのチカチカ。

本当にロバート・デニーロが出てきそうな、
少し古びたギラツキ感。

何度きても、そう感じる。

ふと横を見ると、また全く違ったリゾート風な佇まい。


これはこれでいいんだけど、なるべく見ないようにして、

正面の雰囲気にひたる。


いつか

ピンストライプのスーツ着て

葉巻くわえて

この前に立ちたい

じいさんになってからの方がいいかも・・・
  


Posted by たまらん at 10:04Comments(4)好きな場所

2008年07月09日

中山のピクルス




軽井沢に行くと必ず買う、中山ジャムのピクルス。

規則正しく瓶詰めされたきゅうりを見るたびに、

うまく詰めるもんだなぁ~と感心してしまう。

昔、ピクルスっていうのは、某ファストフードのハンバーガーに入った、
酸っぱく少しニョロっとした不味いもんだと思い込んでいたが、
このピクルスと出会い、そのイメージがいっぺんで吹っ飛んだ。

こんなに旨かったんだと・・・

もっと早く知ることができたら人生変わったかも・・・

毎日、風呂上りに、ビールとピクルス1本を、

もったいぶりながら味わっている。



1瓶 630円。  


Posted by たまらん at 11:24Comments(4)おすすめ

2008年07月08日

外まわりびとの昼飯


一ツ家
かきあげ丼ランチ 850円

うどん そば 味噌汁 の、どれかを選べる。
最近、食が細くなったんで、このかきあげ丼に更に麺の量が多い、そばかうどんは重すぎるんで、味噌汁を選ぶ。
それでも小さなどんぶりほどある味噌汁は、具も多くて異常に腹一杯になる。

しばらくご無沙汰だったが食べたことないのをと思い、かきあげ丼を初めて頼んだら、女性のてのひら程のかきあげが、3枚立掛けるようにのってる。

正直、どっから崩そうかと、一瞬躊躇する。

以前は、普通に頼んで大盛りのうどんを食ってたと思うと、胃に入る重みにゾッとする。

高崎市元島名町88
関越道側道沿い。  


Posted by たまらん at 13:15Comments(0)おすすめ

2008年07月07日

ボクラノサッカー

昨日は、首位を走る 渋川戦。
1位と2位の直接対決で、文字通り前期天王山。

結果は 2 対 2 のドロー。
勝ち点1差は変わらず、ただ3位の館林が勝ったため、2位と3位が同勝ち点でならび得失点差で、かろうじて2位にとどまった。

前節・今節と欠場しているが、次の試合にはなんとか復帰できそうな状態?

リーグ戦は一旦休みとなり、後期は9月から再開。

来週からは、1・2部全チームでのトーナメント戦。

気が抜けない夏が、またハジマル。  


Posted by たまらん at 12:37Comments(4)スポーツ

2008年07月05日

癒しのゆりの花

ゆりの花が咲いた。



正月過ぎに帝釈天の山門前で、他を圧倒する一際大きな球根を買った。

すくすくと育ちつぼみをつけて、はや1ヶ月以上。
なかなか咲かないので、場所が悪かったのかと心配していたが、
見事に咲いてくれた。

カサブランカなどのオリエンタル系っぽく、芳香の強いゆりかと思ったら、
意外にも、やさしい香り。なんとなく憂鬱さが漂うこの季節に、爽やかさを運んでくれる。

たしかカタカナの名前じゃなかったよなぁ〜と思うが、
過去のことは、すぐに忘れていく性分?なので、思い出せない。

その球根が何年ものなのかは、花をつけ数でわかる。

と前に聞いた事があり、その話が本当だとすると、

このゆりは、6年物ということになる。  


Posted by たまらん at 14:34Comments(4)ひとりごと

2008年07月04日

いとしのキッシュ・ロレーヌ

下仁田で朝イチの打ち合わせを済ませ、R254を富岡方面に向かって走ってる時に、
MIKADOさんに行こうと思い立ち入店。

おいらがパブロフ状態に陥ったキッシュ・ロレーヌと、苺とブルーベリーのシブースト 、チェリーのクラフティスリーズ、抹茶ロールケーキというグンブロで紹介されたもの勢揃いって感じに買った







まだAM中だったので、目当ての全てを買えて先ずは満足。

昼飯前にもう我慢できなくて、キッシュ・ロレーヌを1つたいらげてしまった。

エアコンの効いた車内で至福の時を過ごし、仕事スイッチに切り替え車を走らせると、一度戻らねばならなくなり、なんだかんだしてると、3時のおやつどきになってしまい、むーこにと思って買った抹茶ロールケーキを開けてしまった、我慢できずに・・・前に富岡方面に行ったら買ってきてよっていわれてたんでそのつもりで買ったわけなんに・・・我慢できない。あけた・食った。
自分なりの言い訳を唱えながら・・・

抹茶ロール買ってくれとは頼まれてないよなぁ〜
とか、
父の日に何にも貰わなかったからしょうがないよなぁ〜
とか、
もう忘れてるよなぁ〜
とか

むーこが忙しくヘトヘトであることを祈る。見ないでくれ!


折角、MIKADOさんの美味しいお菓子を食べることが出来た話なのに、懺悔のようになって申し訳ない。


ある意味これは、ネコババというのだろうか?

抹茶ロールは甘さ抑え目でおいらにも、とても食べ易かった。
そして切り口が美しい。あずきが旨い。


キッシュ・ロレーヌは、見た目よりも食べごたえがあって、
ベーコンがきいて少しスパイシーで、フワッ・カリッって感じ。
どちらもすぐにでもまた食べたい。

奥と娘も次はいつ富岡にいくの?
と、すでにおねだり状態。
むーこ、次は必ず買ってくるよ!
へそまげんなよ。  


Posted by たまらん at 14:00Comments(12)ひとりごと

2008年07月03日

外まわりびとの昼飯

お食事処 おおみ
日替わりランチ730円


焼き魚のランチ(ほっけ)。魚は毎日変わる。

茶碗蒸し・ふきの煮物・冷奴・おしんこ・味噌汁・白飯
コーヒーもつく。

この茶碗蒸しには、隠し味でイカの内臓かなんかが入ってたんじゃないかと思う。
冬場に登場する(夜だけ)イカきも鍋?の味が、ほんのりとしたもの。

白飯の量は少なめなので、おかわりしたいとこだが、
そこはグッとこらえ、お茶をおかわりして満腹感にひたった。

もう一つのランチは魚貝系のフライ。
本来はフライが好きなのでそっちを注文するところなんだけど、
この店は、なんといっても、魚が旨いので目もくれず、焼き魚。

少し暗めの店内は、昭和の香り漂う和食堂風。

夜もこれがいいんだ。

あとは今夜のおかずが、ホッケでないことを祈るだけ。
カレーとホッケはよくかぶるんだなぁ~

前橋市朝倉町3丁目あたり
サンヨー食品から文京町のほうに北に向って左側。
  


Posted by たまらん at 12:08Comments(6)おすすめ

2008年07月02日

ポルトガルレポート33(リスボン)

ビカのケーブルカーに向かうと、丁度止まっていた。

下りは乗客が少ないし、数人いる先客は高齢者。
近所のじいちゃん・ばあちゃんと、観光客しか乗らない感じがする。
特に下りは・・・ゆっくりだし・・・


上りでさえ歩いている人がいるのに、なんだかオノボリサンっぽくて恥ずかしい。

テージョ川を遠目にゆったりと進むケーブルカーは、洗濯物の壁に挟まれ下って行く。
窓下に張られた紐に洗濯物が干されている。リスボンではどこに行っても目にする光景。

絵葉書の中にいるような感覚と、洗濯という超日常感の狭間でどっちに浸るべきか?
ごくわずか奥の方に仕舞ってある、自分の理性のようなものが見え隠れし、
それを壊してショートさせないと、目に入るものが消化して行かないって事がわかる。




すると、洗濯物の方がアート感があって、その家の家族構成や干し方の違いなど、
いろんなことが解ってくる。

リスボン洗濯物評論家ってのも悪くない。

下りきって改札っぽい所を通り、外に出て振り返ると上階は住居だった。
(向かって右がビッカの乗降所。左は何かの店)

  


Posted by たまらん at 11:22Comments(2)ポルトガルレポート

2008年07月01日

外まわりびとの昼飯



Coffee Shop ポプラ 北軽井沢

コーヒーショップって響きがいいなぁ〜
なんか、あべ静江のデビュー曲を思い起こさせる、ちょとせつなそうな存在感がある。

この店も30年以上前からやっていて、
周辺で、できたなぁと思うと翌年にはつぶれてる、なんて店がけっこう多い中、
そうとう価値ある喫茶店だと思う。

ランチはパスタ・ドリア・カレー・ピラフ など喫茶店の定番メニューのセット。
850円〜1200円くらいの価格帯。

エビピラフセット980円

意外とパラッとしたピラフは本当になつかしい味。



サラダと、なぜかおしんこ(おふくろの味) &コーヒー

冬場も営業してて、いつものんびりとした雰囲気で迎えてくれる。

ピラフとナポリタンで迷ったが、飯が食いたくて決めた。
次に来るときは、ナポリに決め食いしよう。

北軽井沢交差点を二度上峠方向に進み、左側。  


Posted by たまらん at 11:48Comments(7)おすすめ